STOP THE 自動車盗難 STOP THE 自動車盗難 自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム STOP THE 自動車盗難 自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム
文字の大きさ
プラス マイナス
STOP THE 自動車盗難 自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム
官民合同プロジェクトチーム 自動車盗難の現状 盗難防止対策 過去のアーカイブ 参画団体LINK HOME
官民合同プロジェクトチーム

官民合同プロジェクトチームの概要

自動車盗難防止行動計画の概要
官民合同プロジェクトチームによる広報啓発活動
地域の協議会等での取り組み
自動車盗難の現状

自動車盗難の情勢

自動車盗難の実態
自動車盗難認知件数の年別推移
車種別の盗難率
都道府県別自動車盗難認知件数
自動車盗難認知件数の推移と被害額の推移
自動車盗難の駐車場所別認知件数の推移
盗難防止対策

盗難による被害

主な盗難の手口
盗難防止対策
イモビライザって?
自動車盗難の防止対策ビデオ
『今クルマが危ない!』ダイジェスト版
過去のアーカイブ

防盗性能試験

 

概要

防盗性能調査研究とは

試験方法
試験対象車
試験結果・分析
海外実態調査
防盗性能試験のページは財団法人社会安全研究財団の協力により作成されました。
試験対象車の選定
選定条件1(同一車種間での比較(盗難防止機能付き/無し))
 カーアラームやイモビライザなどの盗難防止機能の効果を正確に把握するため、同一車種で、同じ盗難防止機能が装備されているグレードと、装備されていないグレードの2台を選定しました。
選定条件2(異なる車種間の比較)

 異なる車種による同じ盗難防止機能の性能を比較するため、2車種の比較を行いました。また、その他に、盗難率の高い自動車の中からも1車種を選び、試験を実施しました。

調達方法
 市場に流通する車という条件から、試験対象車の調達は、一般の販売店から一般の方と同じ手続きで新車を購入しました。
試験対象車(装備)

選定条件1、2をもとに、市場に多く流通している車の中から選びました。

  盗難防止機能
ドアロック ハンドル
ロック
イモビライザ カーアラーム
A1車    
B1車    
A2車
B2車
C車
  ※A車、B車、C車は車種の違いを表しています。
  ※1車、2車は装備の違いを表しています。
  したがって、A1車とA2車は同じ車種で装備が異なる車です。
次のページへ